Loading...

朝食会開催中!FRI. /7:15~9:00 @SVB TOKYO

MENU

経営コンサルタント

株式会社知財ビジネスリンク

橘祐史

Tachibana Yushi

https://pabl.co.jp/

社長さんたちへ、特許権や商標権は取得したって何の役にも立たないよ!と思っていませんか?

役に立つかどうかは、社長の考え方(使い方)次第です。

これまでは、特許権や商標権は、「他社からの侵害をどう抑えるか」といったリスクマネジメントの道具としてとらえられていました。しかし、もうその考え方は古いです。これからは、「マーケティングの道具であり経営マネジメントの道具」なのです。たとえば、従来の考え方だと、他社からの侵害を防ぐために特許を取得しますが、もっと大切なことは、特許を取ることで自社の強みや弱みが明らかになり、さらに言語化され、社員の意識の中に(組織の中に)共有化されるということなのです。すなわち、特許を取得することが強い組織につながるということが重要なのです。また、技術ブランドの打ち出し方にもノウハウがあり、商標権を取得するだけではありません。

こうした「攻めの特許(攻めの知財)」の本質的な意味を社長が認識していない点が大きな問題なのです。

そこで、知財ビジネスリンクが、社長と一緒になって「役立たない特許」を「役に立つ特許(金になる特許)」にします。

ぜひ、知財ビジネスリンクが主宰する「知財経営者サロン」にご参加ください。

 

(参考)知財ビジネリンクが提供する資料の例
グラフィックス2