Loading...

朝食会開催中!FRI. /7:15~9:00 @SVB TOKYO

MENU

トップメンバーニュースフットワークが自慢の司法書士があなたの相続問題を解決!

私、ロードバイク大好きな司法書士坂大は、今日もフットワークを最大限に生かして相続登記、遺言に力を入れています。

・遺言は生前につくるもので相続で争いが起きないようにするもの。

・相続登記は実際に亡くなったあとに、争いが起きないようにうまく司法書士がとりまとめて、登記手続きにはいります。

円満でみんなが幸せな相続になるように解決するのが私は得意です。

 

(具体例)

最近、30年間音信不通の異母兄弟相続を平和的にとりまとめました。

 

こんな方の相談をよく受けています。

・自分が認知症になった後の行く末が心配

・遠い前に亡くなったおじいちゃんの不動産の名義を変えていない

・散りゆく桜に物思いにふけるご老人 大変だ!高齢なので足が悪く、相談にいけない。

そんな方は安心してください。

半径150キロ以内であれば愚直に自転車で相談にお伺いします!

 

 

また、 磯野家を題材にした相続セミナーを定期的に開催しています。

たとえば

・波平とたい子さんが不倫して隠し子が居た場合の相続はどうなるか?

・猫のたまに遺言で財産を残すことってできるの?

・婿養子のマスオさん、サザエさんと離婚すると養子の関係はどうなるの?

・ボケてしまった波平の財産をカツオが勝手に散財したらサザエたちは損害賠償できるのか?

 

などなど、気になる方はご気軽にお問い合わせください。

司法書士法務支援パートナーズ

代表司法書士 坂大一雄

03−6304−0883

ptn@legal-assist.info